受験生の皆様へ


受験生の皆様へむけて、電子制御工学科の勉強以外の学生生活についてや、よくある質問をまとめています。

電子制御工学科の学生生活について

 電子制御工学科に入学すれば、どのような学生生活を実際に送ることになるのか気になるところだと思います。 少しでも電子制御工学科の雰囲気を掴んでもらえるよう、電子制御工学科所属の学生が関わった活動の一部をまとめたページを作成しております。
 電子制御工学科の学生生活についてについてのページはこちらをご覧ください。

よくある質問

 受験生の皆様に役に立つ情報をQ&A方式でまとめました。

Q. 電子制御工学科とはどのような学科ですか?

A.
 ロボットや自動車・家電製品などのシステムを自ら開発できる技術者・研究者を育成する学科です。 システムと聞くと少し難しそうですが、例えばロボットを考えると、ロボットには情報を集める部分・情報を伝える部分・情報を処理する部分・情報を機械的な動きに変える部分があることがわかります。これらを専門的に言えば、それぞれ『計測制御工学』、『電気電子工学』、『情報工学』、『機械工学』ということなります。電子制御工学科では、これら4つの工学分野を中心に多くの知識を学び、それぞれの知識を組み立てて、システムを開発できる人材を育てています.
 詳しくは学科紹介のページへ  

Q. 電子制御工学科にはどのような特徴がありますか?

A.
 実践教育を通じて、将来必ず役に立つ構想力・開発力を身につけることが可能になるという特徴があります。 電子制御工学科では,実験・実習・演習などの実習に力を入れています。ノートにとって学んだ理論や知識を実習を通じて体に覚えさせる“実践”こそが重要だと考えています。そして、電子制御工学科では、他の学科とは違い1年生から5年生までに実験の時間が設けられ、実習系の時間数が全専門科目の1/3を占めるまでに多くとられています。さらに、4年生では「システム設計II(平成22年度以降の入学者は実践システム設計)」という科目内で、グループ毎ロボットを作製し、学科内ロボコン(=ロボットコンテスト)を開催しています。これら実習や学科内ロボコンを経験することで、『計測制御工学』、『電気電子工学』、『情報工学』、『機械工学』などの専門分野をつなぎ合わせ、一つのシステムを考えられる人材を育てています。
 詳しくは学科紹介のページへ  

Q. 電子制御工学科では多くの専門分野を学ぶため、各専門分野は浅く、中途半端なものになりませんか?

A.
 たしかに、電子制御工学科で学ぶ『計測制御工学』、『電気電子工学』、『情報工学』、『機械工学』を中心とした専門分野の勉強は、それらの専門分野だけを勉強する場合より、どうしても応用的な知識がやや少なくなってしまいます。しかし、世の中の工業製品の大半は、機械の知識だけ、電気の知識だけ、情報の知識だけを使って実現することは困難です。つまり、幅広い知識をもち、これらの知識をつなぎ合わせることができる人材こそが、今の世の中、必要とされています。そして、実は、このような幅広い知識をもち,知識をつなぎ合わせることができる人材は社会では数少なく、社会に出れば即戦力として重宝されています。
 さらに重要なことは、各専門分野を一度は勉強したという経験です。そして、各専門分野について一度は実験・実習・演習などの実習を行ったという体験です。これらの経験や体験がなければ、社会に出た時に必要となった専門分野をゼロから自分で学ぶことになります。これは、皆さんが考えている以上に大変なことです。しかし、これらの経験や体験を一度でもすれば、学んだ知識をもとに勉強すればよいため、比較的簡単にその専門分野を深く勉強することが可能となります。もちろん、在学中に自分が興味をもった専門分野を大学や大学院でさらに深く追求することも容易になります。 各専門分野を単独に勉強する場合と比べ、応用的な内容はやや少なくなりますが、各専門分野を理解し、つなぎ合わせることができる学生を育てるため、電子制御工学科では幅広い専門分野をカリキュラムに組み込んでいます。
 詳しくは学科紹介(カリキュラム)のページへ  
 
さらに詳しいQ&Aはこちらをご覧下さい。

平成29年度学生募集要項
平成29年度学生募集要項はこちら
推薦による特別選抜(検査日:平成29年 1月21日(土))」に対する出願受付期間は、平成29年 1月 6日(木)~ 1月13日(木)(中学校教職員による持参の場合は、平成29年 1月12日(木)と 1月13日(金))となっています。
 「学力による選抜(検査日:平成29年 2月19日(日))」に対する出願受付期間は、平成29年 2月 1日(火)~ 2月 7日(月)となっています。詳細はこちらから。


電子制御工学科では、情報、電気電子、機械、計測制御などの多くの分野の知識を学び、それらを融合し、
ロボットや自動車・家電製品などのシステムを自ら構築できる技術者・研究者を育成しています。

ページのトップへ戻る